世界の万年筆・ボールペン等の通販ページ。 
万年筆の専門店「オカヒサペンショップ」

万年筆、ローラーボール、ボールペン、シャープペンシル

 トップ > 

> ショッピングカート > サイトマップ 

世界の万年筆・ボールペン等

世界の筆記具メーカー(万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)

 

 

■ アメリカ製

bullet

クロス (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 開拓時代のパイオニア魂を受け継ぐ筆記具ブランド

bullet

シェーファー (万年筆・ボールペン・シャープペンシル等)
 ホワイトドットが品質に対する絶対の自信を象徴する

bullet

フィッシャー (ボールペン等)
 NASAの要請によりスペースペンを開発

■ イギリス製

bullet

コンウェイ・スチュアート (万年筆・ボールペン等)
 蘇った英国の名門ブランド

bullet

アルフレッド ダンヒル (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 自動車への関心が色濃く映る

bullet

パーカー (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 批判精神が発明を呼んだアメリカンドリームの体現者

bullet

ヤード・オ・レッド (万年筆・ボールペン・シャープペンシル等)
 150年以上にもおよぶクラフトマンシップ

■ イタリア製

bullet

アウロラ (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 暗闇に黎明を呼んだイタリア最古の筆記具メーカー

bullet

オマス (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 開拓精神で難しい素材の扱い方に伝統の技が生きる

bullet

スティピュラ (万年筆・ボールペン等)
 正統的作りと絶妙なバランス感覚が美を生み出す

bullet

デルタ (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 壮大な世界観を1本のペンに包含する南イタリアの雄

bullet

ビスコンティ (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 真の愛好者が共鳴するイタリア万年筆の温故知新

bullet

マーレン (万年筆、ボールペン等)
 マスターピース・オブ・ライティング

bullet

モンテグラッパ (万年筆、ボールペン等)
 現代の著名人に愛用者が多いとされる常に華やかな

bullet

ラレックス (万年筆・ボールペン・シャープペンシル等) 

■ スイス製

bullet

カランダッシュ (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 歴史的瞬間を演出してきたスイスの名門ブランド

■ ドイツ製

bullet

カヴェコ (万年筆&シャープペンシル)
 
1970年に幕と閉じたカヴェコ社の復刻版です

bullet

ファーバーカステル (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 常に最高水準の品質を維持し伝説を作る(シャープペンシルが人気)

bullet

ペリカン (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 ペン・オブ・ザ・イヤーを獲得する銘品中の銘品

bullet

モンブラン (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 最高峰を追求する姿勢が創りだした最高傑作

bullet

ラミー (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 先進の開発プロジェクトに基づくモダンデザイン

bullet

ロットリング (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 ひとりの男の着想がかつてない万年筆を生んだ

■ フランス製

bullet

ウォーターマン (万年筆・ボールペン・シャープペンシル等)
 世界で初めて万年筆なる筆記具を発明した

bullet

カルティエ (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 世界最高峰の美意識が手掛けた他に類のない

bullet

エス・テー・デュポン (万年筆・ボール&シャープペンシル・ボールペン等)
 純正漆など比類なく輝きが美しく最高の書き味

 

bullet

ジバンシー (ボールペン・シャープペンシル等)

■ 日本製

bullet

セーラー (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 高い技術力を誇る

bullet

パイロット (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 海外でも信頼のブランド

bullet

プラチナ (万年筆・ローラーボール・ボールペン・シャープペンシル等)
 常に新しい技術開発に努める

bullet

シャチハタ (ネームペン)
 
生活者との共感をめざす

 

万年筆は、「愛情がなければ使い続けられない筆記具」と、語られる方がいます。
そんな万年筆の魅力を語るうえで外せないのが「書き味」です。 
万年筆の王道は「ヌラヌラ、ヌルヌル」とした書き味の極太と言われていますが、
これは個人的な見解で、万年筆を極めた人でも「カサカサ」とした細字を好む場合があります。 
滑りすぎる万年筆は嫌いだと言うことです。
また太さだけでなく「筆圧」と「ペン先の弾力性」に関係し感じる、
「硬い」「柔らかい」との表現もあります。
色々好みはありますけど・・・

どうか当サイトで、あなたの手に合った万年筆を見つけてください。

 

 

ホーム 進む

 

 

 

 

 

CATAROGUE
COLLECTION